<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アースデイ神戸!もってきてね!

Hello,

Would you please put this flyer somewhere in the web site and add the sentence:

プリントアウトしてご持参ください。現地でバーモントソープのスタッフにご提示下さい。 

f0180812_22555552.jpg





バーモントソープジャパン

アースデイ神戸
[PR]
by vermontsoap | 2013-04-29 00:41 | アロマにも。オーガニック石けんのお話 | Comments(0)

強風の中・・・花嫁姿(^O^)

既に満開だけど、、入学式までもつかなー?
と、桜の心配をしていた中、週末は大荒れの天気に(´・ω・`)

そんな強風の中、25組60名というたくさんのお客様がいらっしゃいました♪


本当にありがとうございました!

4月7日(日)に行われたブライダルフェアの様子です(*^_^*)
バーモントソープジャパンも参加させていただきました。

六甲山ホテルブライダル

f0180812_1738127.jpg
f0180812_17413199.jpgf0180812_17414652.jpgf0180812_17421045.jpgf0180812_17422592.jpgf0180812_17423770.jpg


無料でメッセージカードお付けさせていただきます♪
プチギフト315円から受け賜っております!
ギフトセットはご自由に組み合わせれます。

お気軽にご相談くださいませ。

コチラまで
バーモントソープジャパン 
phone :078-341-1431
fax :078-371-5629
mail: :office@nigakivsj.com
URL :http://nigakivsj.com
:http://vermontsoapjapan.com


バーモントソープジャパン



入学式の今日はお天気に恵まれ良かったー(^-^)
[PR]
by vermontsoap | 2013-04-09 17:48 | アロマにも。オーガニック石けんのお話 | Comments(0)

ラリーからの手紙

アフリカからsoapmanラリーの手紙が届きました!
シアナッツバター、グリーンゴールド、及び原点石けんに渡る資料です。
※現在Google翻訳ですが、後日ちゃんとした日本語文面でお届けします。m(_ _)m
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Larry Returns to Liberia
f0180812_15334328.jpg


Dear Friends,
This month’s Green Energy Times column is being written in a small northern village in Liberia, West Africa where I am once again working with local people to improve the quality of their soap products. We use palm and palm kernel oils crudely pressed just outside of town. I show them how to mix wood ashes with lime or salt and lime with water to make different types of caustic, an essential ingredient in making soap. They ask me to bring nice scents and colors from America to pretty up their bar soaps. Instead I show them how to take the scent from the plants around them; lemongrass, ylang and others; and to dry and crush the bark of the cinnamon tree to make a nice dark brown color that also smells nice. For fun we swirl in the colors making a novel marbled look. Everyone loves this effect. We use the neem tree to make a medicated soap and add shea butter from just north of here to make soothing, skin smoothing soap.
Life is slow and a little boring in the villages. People spend most of the day hanging around gossiping as far as I can tell. They work hard for a while each day hauling water and firewood on their heads and then rest the day away. Only when building a house, fixing a roof, digging a ditch or making a garden do they really go at it. By comparison I am a human dynamo teaching and demonstrating constantly during the hot long days and working diligently at the laptop nights. I have lots of neat toys; they have lots of time. Food is seasonal and often the same for months on end. Few travel. Everyone has something to do and it usually involves basically being there should something happen. It seldom does.
Two different lives; two different cultures. I work hard, have toys, but enjoy little free time. They have lots of time, few toys and a narrower world view, though this too is changing as internet and television bring the world to their door. Nigerian soap operas show wealthy, sociopathic Africans living in mansions and being mean to their wives while their grandparents in the villages live idyllic lives in clean, happy suburban style huts. Neither depiction is quite accurate. The people see wealthy NGO volunteers (as I surely appear to them), with cool kits and drivers in white SUVs carrying them around the countryside. The disease of civilization is upon them. In the words of an old and wise Amerind chief, “They have the white man’s disease, usually fatal. It is called Wants Plenty Things”.
Their lives have changed little in the past 1500 years. Ours change so fast we need a smartphone just to keep up with it all. We go through our days breathless and never quite caught up, while they sit and wait for someone to buy a small item from them so they can purchase some cloth or sandals which they have somehow forgotten how to make for themselves. Their lives, slow and boring and filled with hang out time with friends, family and neighbors is sustainable. Our busy lives have incurably altered the face of the planet, the weather, and the course of evolution. Not content to use the 10,000 chemical combinations found in nature, we invent new ones with which the biology has no experience in breaking down and recycling the components of. Not satisfied with cross breeding food for greater yield we invent new biology (GMOs), not even knowing how they will interact with the rest of the biology that has been quietly evolving here for 2.5 billion years.
We travel through space and around the world, conquering all in our path. We allow the 3% of us that are sociopaths to hold the reins of power over the life and death of an entire planet rather than saving ourselves by euthanizing them at birth. (An MRI can now determine the exact degree of sociopathic tendencies in an individual). We rush around telling ourselves “We gotta”; as in “We gotta do this and we gotta go here” when in fact all we gotta do is perform basic biological functions.
My students, naïve, open and vulnerable to suggestion as any stare with wide eyes at my very strange pale white skin and my cool kit ready to accept anything our conquering culture tells them. They are almost eager to turn their back on the sustainable, natural culture that brought them to this point in time; while we Moderns use detergent shampoo with the fake scent of natural herbs and proclaim, “I’m a natural girl. I use herbal essence!”
Modern life has so much to offer, and at such a devastating price. Natural Earth Wisdom has so much to teach us; thousands of years’ worth of knowledge. Who is listening? We must, right now, in our very lives plant one foot firmly in the Modern and one foot firmly in the Traditional. This is wisdom. This is the key to our survival, to the survival of the biology that sustains us, and to our mutual sanity.
And this is the Soapman, imploring Traditionals and Moderns alike to PLEASE keep it natural. The survival of our grandchildren and countless life forms depends on it.
Will be back in beautiful Vermont soon. Be well, live long and gently prosper.
Larry Plesent

















ラリーはリベリアに戻り

親愛なる友人、
今月のグリーン•エネルギー•タイムズのコラムは、私は再び彼らの石鹸製品の品質を向上させるために地元の人々と働いているリベリア、西アフリカの小さな村北部で書かれているわけです。私たちはぞんざい郊外に押さヤシやパーム核油を使用しています。私は石鹸を作る際に苛性、異なる種類の必須成分を作るために水で石灰や塩とライムと木の灰を混ぜて、それらをどのように示しています。彼らはアメリカからかなり彼らの固形石鹸最高に素敵な香りと色を持って来るために私に尋ねる。代わりに、私はそれらのまわりの植物から香りを取るために、どのようにそれらを示す;レモングラス、イランイランなど、そしてまたいい匂いがいいダークブラウン色を作るためにシナモンの樹皮を乾燥させて粉砕する。小説大理石の外観を作る色の楽しみのために、我々は渦。誰もがこの効果を愛している。我々は、なだめるような、皮膚の平滑化石鹸を作るために薬用石鹸を作り、ここのちょうど北からシアバターを追加するには、ニームの木を使用しています。
人生はゆっくりと村では少し退屈です。人々は私の知る限り噂話をうろついて一日の大半を過ごす。毎日が自分の頭の上に水と薪を運搬してから離れて一日を休ませている間、彼らはのために懸命に働く。、屋根を固定する溝を掘ったり庭を作って、家を建てるときにのみ、彼らは本当にそれで行くか。比較することによって私は人間ダイナモ教え、絶えず実証長く暑い日の間に、ラップトップ•夜に熱心に取り組んでいます。私はきちんとしたおもちゃをたくさん持っている、彼らは多くの時間を持っています。食べ物は、季節、しばしば何カ月も続けても同じです。いくつかの旅行。誰もが何かを持って、それは通常、何かが起こるはず基本的にそこにあることが含まれます。それはめったにしません。
二つの異なる生活、2つの異なる文化。私は、一生懸命おもちゃを持っていますが、少し自由な時間をお楽しみください。インターネットやテレビがその扉を世界に持って来るように、これはあまりにも変化しているものの、彼らは、多くの時間、いくつかのおもちゃや狭い世界観を持っています。ナイジェリアのメロドラマは、裕福な見せ、反社会的行動のアフリカ人は大邸宅に住んでいて、村では、祖父母がきれい、幸せ郊外スタイルの小屋に牧歌的な生活をしながら自分の妻に意地悪されている。どちらの描写はかなり正確です。人々は田舎の周りにそれらを運ぶ白いSUVにクールキットとドライバが、裕福なNGOのボランティアを(私は確かにそれらに表示される)を参照してください。文明の病気は彼らにある。古いと賢明なアメリカ•インディアンの酋長の言葉で、 "彼らは白人の病気、通常致命的なを持っています。これは、 "プレンティ事を望んでいると呼ばれています。
彼らの生活は、過去1500年間でほとんど変わっていない。我々は、我々はちょうどそれをすべてに追いつくためにスマートフォンを必要とするので、早く変更してください。彼らは座っているとそう、彼らは何とかして自分たちのために作る方法を忘れていたいくつかの布やサンダルを購入することができ、そこから小さな商品を購入するために誰かを待っている間、私たちは、日々息とかなり追いつい決して通過します。彼らの生活は、ゆっくりと退屈や友人との時間を干すに満ち、家族や近所の人が持続可能である。私たちの忙しい生活は救い難い惑星、天候、進化の過程の顔を変更しました。自然界に見られる万の化学物質の組み合わせを使用してコンテンツではない、我々は、生物が分解した部品をリサイクルした経験を有していないと、新しいものを発明する。我々も、彼らは静かに25億年のためにここに進化してきた生物の他の部分とどのように相互作用するかを知らず、新しい生物学(遺伝子組み換え作物)を考案大きい歩留まり交配食べ物に満足していない。
私たちは、パス内のすべてを征服し、空間を介して、世界中の旅。我々はsociopathsアールたちの3%がむしろ出生時にそれらの安楽死によって自分自身を保存するのではなく、地球全体の生と死を支配する力の手綱を保持することができます。(MRIは現在、個々の中で反社会的行動傾向の正確な程度を決定することができます)。"ここに行く我々はこれを行うことを得、私達はダメ"として、実際に我々がやるとダメですすべては、基本的な生物学的機能を実行するとき、我々は、 "我々が得た"自分自身に言って周りに急ぐ。
私の学生は、私の非常に奇妙な青白い肌と私たちの征服文化がそれらに告げる何かを受け入れる準備ができて私のクールなキットで、目を丸くして、任意の凝視などの提案にナイーブ、オープンで脆弱性が存在します。彼らは、この時点に持ってきた持続可能な、天然の文化に背を向けることはほぼ熱望している、我々モダーンズは天然ハーブの香りで偽の洗剤シャンプーを使用すると宣言しながら、 "私は自然な女の子です。私は、ハーブのエッセンスを使ってください! "
現代の生活は、提供するためにそんなに持っており、このような壊滅的な価格で。自然な地球の知恵は私たちを教えるためにそんなに持っています。知識の年分の何千もの。誰が聞いているのですか?我々がしなければならない、今、しっかりとしっかりと伝統の近代と片足で我々は非常に生活工場片足インチ これは知恵です。これは私たちの生存に、私たちを支えて生物の生存にとって、そして私たちの相互正気への鍵となります。
そして、これはそれが自然に保管してくださいするには同様にトラディショナルとモダーンズを懇願し、Soapmanです。孫たちと無数の生命体の生存はそれに依存します。
すぐに戻って美しいバーモント州になります。よくある、長い間住んでいると優しく栄える。
ラリーPlesent

:::::::::::::::::::::::::::*********************::::::::::::::::::::::::::::::::::
バーモントソープジャパン
vermontsoapjapan
[PR]
by vermontsoap | 2013-04-03 15:37 | アロマにも。オーガニック石けんのお話 | Comments(0)

アースデイKOBE2013

今年もやってきますね♪
アースデイKOBE!

f0180812_1441936.jpgf0180812_14413456.jpg


アースデイってなんなん?
ってお思いのみなさまも沢山いらっしゃると思います。
そこで・・・

アースデイとは?

地球環境について考える日として1960年代にアメリカで提案された記念日。毎年4がうt22日を中心に世界各地でイベントが開催されています。アースデイ神戸では環境やエネルギー問題、途上国の貧困問題などについて、反対運動ではなく「提案運動」というアプローチで発信しています。

堅苦しく言うとこんなカンジですが、
KOBEでは、楽しくおまつりを楽しんでもらえるようなイベントになっています!おいしいオーガニックご飯を楽しんだり、ワークショップに参加したり、コーヒー飲んだり、お買い物を楽しんだり、芝生で寝転んだり♪
たくさんの方との出会いがあるのが楽しいですよね♪


三ノ宮駅より徒歩10分。お散歩がてらに、ぜひお越しください(^-^)

もちろん、バーモントソープジャパンも両日参加します!
なかなかみなさまとお会いできる機会がないので、楽しみにしております!!


5月4日(土・祝)11:00~17:00 くらやみライブ17:00~
5月5日(日・祝)10:00~16:00
開催場所:みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)
三ノ宮駅より徒歩10分
入場無料 雨天開催

EARTHDAY KOBE 2013

http://earthdaykobe.com/





バーモントソープジャパン

[PR]
by vermontsoap | 2013-04-03 14:42 | 神戸発信*すてきライフ | Comments(0)